アイバンクとは

  「角膜を提供していただける方」に、あらかじめ登録をお願いをして、「角膜移植を待っている方」に角膜がすみやかに、かつスムーズに提供できるよう、角膜のあっせん業務を行っています。

 

沿革・事業概要

   公益財団法人長野県アイバンク・臓器移植推進協会は、平成元年10月に「財団法人長野県腎バンク」として設立し、(腎臓移植術による腎臓機能障害者への腎臓機能の付与に資するため)その後の平成6年10月、アイバンク事業も併せて行うため、名称を「財団法人長野県腎バンク・アイバンク協会」に変更する。

   平成7年3月、東京の「財団法人読売光と愛の事業団眼球銀行」から献眼登録者及びアイバンク事業を引き継ぎ、アイバンク事業を開始する。なお、平成7年4月には「社団法人日本臓器移植ネットワーク」が設立、発足し、腎臓のあっせん業務が同ネットワークに移行。

   平成9年7月には、「臓器の移植に関する法律」が公布、同年10月に施行されたことに伴い献腎登録業務を閉鎖し、平成10年4月には協会の名称を「財団法人長野県アバインク・臓器移植推進協会」に変更する。

   公益法人制度改革により、平成22年3月長野県知事の認可を受け、平成22年4月には名称を「公益財団法人 長野県アイバンク・臓器移植推進協会」として現在にいたっている。

   事業の内容は、角膜及び臓器移植を推進するため 1、眼球提供者の登録管理事業 2、角膜移植術に必要な角膜のあっせん事業 3、臓器移植に関する知識の啓発、普及事業 等を行っている。

   一方、1958年(昭和33年)4月「角膜移植に関する法律」が公布され、遺体から角膜が提供されるようになりました。その後、眼球のあっせんができるようになり、1963年(昭和38年)に日本にはじめてアイバンクが設立され、その後各地にアイバンクが設立さて、現在全国に53のアイバンクが組織され、眼球のあっせんを行っています。このように、ライオンズクラブの奉仕活動の発生(アイバンクへの登録者等の死亡)、眼球の搬送までライオンズクラブの会員(約2,100人)によるボランティア活動及び寄付金により支えられています。